FC2ブログ

日々是勉強也

主に絵を描いたり、エロゲ関係の駄文を書いたり。最近エロゲの新規開拓しなくなった自分に恐怖。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本来は第四回は「正史・妄想」の予定だったのですが筆が進まなかったので変更。

いやー、 第三.五回でも少し触れましたが、 マシーナクロニクルにおける正史って必ずしもメインヒロインルートじゃないじゃないですか。

どのヒロインにもイヴとではそれぞれのヒロインごとに「トゥルーエンド」が用意されていましたし。

それらのおいしい所を統合した夢のハーレムエンドこそが正史ルートに違いねぇ・・・とそう言うつもりだったのですが、 特に発展のさせようがなかったんですよね。

天原の思うハーレムエンドを語ってもよかったんですがそれじゃぁ考察でもなんでもないし。

という訳で、 今回は「英雄・亜神」でお送りしたいと思います。

これまでにも増してネタバレが多くなるかも?

フェルシスに関しては(ある程度)自重しますが、 天ツやイヴは完全にネタバレすると思われます。

・・・・・・そろそろ時効ダヨネ?(ダマレ

ま、 それでもよいという方は先にお進み下され。


「遠望のフェルシス」応援中!
亜神フェルシナ!



まずは英雄とはなにか? ってところから攻めてみましょうか。

英雄とは己の信念を貫き、 人を守り、 時によってはそれに殉じて命を落とす・・・そんな存在。

別に誰かに認められて与えられる称号とかそう言った物ではなく人々の畏敬の念がいつしか生み出す存在じゃぁないでしょうか。

そういった意味では別に特別なものでもなんでもなく、 現実世界の英雄の概念となんら変わりませんね。

マシーナクロニクルにおける英雄というと、 フェルシナよりも焔王鬼のほうが先に思い浮かびますね。

迫害されしまつろわぬ者たちの救済者、 乱世の英雄焔王鬼。

彼の存在からもわかる様に、 世界中の人々からあがめられることがなくとも英雄は英雄たり得るようです。

日本でも義経だの信長だのは大きな支持を受けると同時に一方では悪人という側面もありますしね。

他の国はよく知りませんが。



一方、 亜神というのは英雄たる者の死した後に人々の念が繋ぎ止めた残骸。 

英雄の、 魂の残滓といったところでしょうか?

まぁ別に必ずしも英雄である必要は無いようですが。 武神も亜神の一種じゃないかなーと思っていたり。

亜神は原則的に一人じゃ成れない(人々の想いが不可欠)けど、 武神は武国の特性が彼らを武神足らしめるのじゃないかと。

武国から出られないって言うのもその辺が理由じゃないかな?

ちょっと話がそれたか。

ま、 要するに亜神ってのは本人が何かを極め、 他人がそれを認め初めてなれる物と。 たぶん。

大多数の他者の想念(想力)が混じる為か、 生前には無かった力を得るんでしょうね。

フェルシナで言う所のアガートラームとか迷宮心母とか。

多分人々がイメージする「その人の在り方」からなる力なんじゃないでしょうか。

アガートラームであれば「人々を守り、 敵を駆逐する」。 迷宮心母なら「迷宮の守り手」 といったような。

人々のイメージに拠る所が多いからか、 本人の属性とは無関係な能力にも成り得る・・・・・・のかな?

全部妄想推測でしかありませんが!

イメージで言うのならばマテリアルゴーストの「世界の意思」に近いのかなぁ?

いや、 ここの客層(?)を考えるとFateの佐々木小次郎といった方がわかりやすいか。 こっちは「英霊」だけどね。

けどこれらに比べて、 亜神って言うのは割と地域限定型だと思うんですよね。

人々の想いに縛られるのか、 はたまた自分の想念に縛られるのか。

フェルシナならばフェルシナ・ピット、 武神ならば武国と言ったように存在できる場所は限定されます。

ま、 武神はちょっと・・・・・・というかかなりモノが違うとは思いますがね。

ただ同時に、 亜神と成り、 在るための条件もそれほど広範囲に渡るわけじゃないと思われます。

当然本人のたゆまぬ努力は必要でしょうし、 人々の想いが重要になってきますが。

しかしそれでも「全世界」や「全国」レベルじゃないですよね。

フェルシナならばフェルシスの町とその周辺・・・・・・ヴァリアントによる被害が予測される地域位じゃないですか?

英雄として「実感を伴って」認識されているのは。

他では「名前を聞いたことがある」程度の認識じゃないかと。

別にフェルシナがやったことがたいしたこと無いとか言うつもりじゃないですよ?

ただ単純に、 人間っていうのは自分に直接かかわりの無いことにはあまり反応を示さないなーと思ったまでで。




では次に・・・英雄焔王鬼。 

天ツ風発売後の用語集では、 『斬神』は協力ではあっても彼にあれほどの人涯技を得る理由とはなり得なかったとのこと。

では何が彼を英雄たらしめたのか・・・・・・?

それこそが人の想い。 亜神を亜神たらしめるものではないかと天原は考えます。

いや、 人涯技だけでなく、 焔王鬼の斬神ですら異能者の願いによる物かも・・・?

「迫害されし異能者」のつり積もった想い・・・そう。 


『異能なんて無くなってしまえ』


これが焔王鬼の力に影響を及ぼしたとしても違和感は・・・・・・ないと思いません?

確かに相城延行さん(焔王鬼の本名。 天ツの追加エピソードで明かされとります)が元からもっていた力かも知れない。

人涯技も想像を絶するような修練の積み重ねの末に手にしたものであろう。

それらの中に迫害されし人々は希望を見出す。 見出してしまう。

そして英雄の到来を望み、 期待し、 願う。

この想念世界において、 人の期待、 願い、 想いはそのまま力へと変換される。

その結果、 人々の想いは集約されて焔王鬼の斬神、 そして数々の人涯技という形で発現したと考えられる・・・・・・と思うんですがねぇ。

どうでしょ?



んじゃ焔王鬼は亜神だといいたいのか・・・・・・っていうと、 そういうわけでも無いんですが。

ま、 亜神の領域に片足突っ込んじまってる気はしますよ? つーかそれを前提に仮説立ててますし。

・・・・・・それにフェルシナなんかよりもよっぽど強そうだし。

つーか、 いまだに焔王鬼と指しで戦って勝てるやつがいると思えない。 

アベルなんか三秒持てば褒められる・・・・・・気がする。

パーティの面子が揃ってても・・・・・・三分?

対軍戦ならともかく、 個対個ではメルキゼデクですら焔王鬼に勝てるきがしねぇ・・・・・・・

・・・ま、 そんなはずは無いんですが。

風格の問題だよ! 風格!! カリスマ!!!


・・・・・・・・っと、 盛大に話がそれましたね。

まぁ天原は焔王鬼が亜神だと言っている訳ではないと。 

ただ人の想いに反応して、 生きながらにして亜神と同質の力を身に纏ったんじゃないかと。

ただし、 あのまま死んでいたとしても間違いなく亜神と化していただろうと言い切れる・・・・・・そう言っているのです。

じゃぁどうして亜神と成らなかったのか・・・・・・・と、 まぁ天ツとフェルシスやってりゃ予測できますが・・・・・

龍角の影響でしょうね。

正確には『事象の消失』という方向に特化した龍核。 

これにより人々から、 異能者から、 朝廷の下級役員の記憶から焔王鬼の存在を抹消した。

天ツでは封印や忘却・・・と言っていたように思いましたが、 那爪トゥルーで譲葉さん、 事象の消失とか言ってたしね。

焔王鬼の乱をまず無かったことにしちゃったんじゃないかしら。

・・・・・・なんかあくどい気がしますが、 朝廷にとっては必須の事項だったんでしょうしねぇ。

ただでさえ手に負えなかった焔王鬼が亜神になって異能者と攻めてくるとか・・・・・・マジで天帝御出陣ですよ。

焔王鬼が亜神化しようものなら、 異能者のいる所どこにでも受肉できそうな気がしますしね。

分身の力はないかもしれませんが、 フェルシナみたいな地域限定型にはならないだろうし。

生まれる前につぶしちまえと。 ・・・・・・ま、 正しい判断かなぁ?



こうなってくると何で龍国ではこんな手段をとっていたのかが気になりますねー。

龍国は他の国よりも妖物(魔物と同じ?)が多かったのかなぁ・・・・・・とか思ってましたが・・・

焔王鬼みたいな事例が他にもあったのかな?



つーか、 あーーー・・・・・・・・・。(この先ラストにかかわるネタバレ)



今思いましたが、 ラストバトルにおけるテラも一時的な亜神と呼べるような気が。

狭いコミュニティ内とは言えテラは皆に望まれていましたしね。

秘石がその想いを増幅して、 わずかな時間。 一瞬の奇跡としてテラが再び存在した・・・みたいな?

秘石を解したことでハヤトロギアへのアクセスが可能になったってことなのかな?

亜神となる条件に強さは特に必要がないと思われますし・・・・・・ どうだろ。

まぁテラに関しては、 無理に亜神ってカテゴリに入れる必要も無いと思うけどね。

アナザーエンドでは生き返ってるし。




しかし最近、 こういう設定多いですよねー。 ・・・・天原が最近気づいただけかも知れませんが。

マテゴの『世界の意思』

戦女神の信仰

他にも人の意思が世界を作る、 とかその辺の世界観増えてきてると思うんだよなー。

広義ではリトバスなんかもそうだろうし。

ま、 この先秘石がどのようなギミックで動くのかに期待と。

正直、 少々不安もありますがね。

「機械仕掛けの神」―――Deus Ex Machina みたいなことにならなければよいのですが。

多少ご都合主義な感はありましたし。 今作ね。

『意志の力』ってのは何でもありにならないようにするのが大変なんだろうなーと思いますが・・・・・・

まぁがんばって♪ (完全にヒトゴト




亜神についてはま、 『蒼空のノスタルジア』 (仮) あたりが出ない限りはわからないことが多すぎですね。

この考察(笑)もその時真の意味でお笑いに・・・っ



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryouamahara.blog118.fc2.com/tb.php/185-570c49a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。